社会保険労務士法人 和

業務内容

HOME / 業務内容

社会保険労務士の概要

社会保険労務士の業務は、多方面にわたっているので一口では言い表わせませんが、 労働社会保険関係(健康保険法、厚生年金保険法、国民年金法、労働基準法、労働者災害補償保険法、雇用保険法等約50の法律)及び人事・労務管理(人事管理、労働条件管理、人間関係管理、労使関係管理等)の専門家として、 企業経営の四要素(ヒト・モノ・カネ・情報)のうち、ヒトの採用から退職までの労働及び社会保険に関する諸問題、さらに老後の年金を含む生活設計や介護の相談に応じる、ヒトに関するエキスパートです。

社会保険労務士業務の概要

代理・代行
  • 労働基準法、労働者災害補償保険法、雇用保険法、健康保険法、厚生年金保険法、国民年金法、介護保険法などの申請書 等の提出
  • 休業補償、出産育児一時金、出産手当金、傷病手当金 等の請求
  • 労働保険、社会保険の加入・脱退給付金、助成金 等の請求
書類作成 労働者名簿、賃金台帳、就業規則、賃金・退職金規程 等の調整
相談指導 賃金、退職金、労働時間、福利厚生、年金、採用、人事、賞与、解雇、定年、教育訓練、能力開発、安全衛生管理、個別労働関係紛争の事前防止や解決、紛争調整委員会における斡旋代理、労務診断 等の指導

人事コンサルテーションの概要

産業構造が変化するのに伴い、経済のグローバル化・サービス化が進展しています。 そのような変化が人事労務管理の領域にもたらす影響として、労働力の流動化や雇用形態の多様化が活発化していることがあげられます。 働く人の意識の変化もあいまって、労使いずれの側からも長期勤続を期待できなくなった今日の状況においては、企業はいかにして人材を確保、能力を育成し、発揮させていくのか、その課題はより重要なものになって来ています。

主な人事コンサルテーション

処遇関係 職能給・職務給・役割給、年俸制度、業績連動賞与制度、職種別賃金制度、ストックオプション制度、適格年金制度の廃止・移行、ポイント退職金制度、確定拠出年金制度、退職金前払制度、カフェテリアプラン 等の設計及び構築
組織関係 人事考課、コンピテンシー人材育成、キャリアデベロップメントプログラム、複線型人事制度、社内FA制度、管理職研修、従業員意識調査、モチベーション管理、社内分社化・カンパニー制度 等の構築
その他 コンプライアンス、CSR、合併・分割人事、人事デューデリジェンス、子育て両立支援制度、労務監査 等のコンサルティング

人事コンサルテーションの流れ

人事コンサルテーションのフロー図
  1. 十分な分析をさせていただき、貴社の課題を洗い出します。
  2. いくつかの課題解決方法を、貴社独自の社風を鑑みながらフェーズごとに分けていきます。
  3. フェーズごとに、戦略確認→分析・基本設計→実践・運用→検査・評価していき、納得いくまでステップアップを繰り返していきます。

戦略から実践までのステップアップ

戦略から実践までのステップアップ

人事制度を体験してみませんか?